--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム日記】ゼノブレイドを脱出艇キャンプまで

2010.08.24 *Tue
最近ゲームの日記を書いてないので、久しぶりに。

今はあまりゲームをする時間がないのであまりやれていないのですが、
ちょくちょく時間をみつけては、息抜きにWiiゼノブレイドをやっています。
実際遊んでから時間が経ってしまいましたが、
感心したことが多かったゲームなので書き残しておきたいと思いました。

綺麗な風景には危険が潜んでいる
とにかくマップが広くて風景が綺麗。
序盤は自然に溢れているマップが広がります。
死んでしまった巨神(島国一つ分くらい?のサイズの巨人)の上に人々が住んでいるという設定で、その広いマップを、害のないようなモンスターからちょっと強いモンスター、そしてラスボスくらい強いんじゃ?と思われるれるようなモンスターが闊歩しています。
昔からRPGは、主人公の村の周りだけモンスターが弱いのはなんでだ!って言われることがあったけど、
そういう部分を無理なく上手く遊びに繋げている感じになっています。
FF12やソーマブリンガーをやったことある人ならイメージしやすいかと。
「よわっちいモンスターを追っかけていたら、気がついたら水辺にいたLv.70のフラミンゴの群れに殺されていた。」
というようなことが起こります。

横だけでなく縦にも広がる世界
このゲームを遊んでいて思うのは、かゆいとこに手が届く設計になっているなということ。
街やフィールドがシームレスなのですが、あそこに見える高台に行けるのかな?ってとこは行けるようになってます。
頑張って抜け道を探したどり着くと、秘境ポイントと言われる絶景ポイントをみつけられたりします。
そしたらその高台から思い切って飛び降りてみましょう。
下に見える地形には、どんなに高くても読み込みや画面切り替えなしで飛び降りれます。
(高さに比例したダメージも受けますが)

街に“人”が住んでいる
当たり前ですが街には人が住んでいます。
しかしゲームによっては、あまり人間味を感じない看板のような住人ばっかりのものもよくあります。
このゲームの場合は時間が常に進行してゆき、時間によって住人たちの行動が変化します。
生活をしているのです。
昼は店で働いていた人間が、夜は家の方に帰ってゆく・・・というように。
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面のクロックタウンの住人の生活タイムラインを少し薄味にしたような感じです。
そして困っている街の人を助けたり人間関係に介入すると、キズナが生まれます。
介入の仕方により街の人間関係の相関図が変化します。
主人公たちキャラクターがその世界の人々にきちんと介入をしているのです。

時間とファッション
このゲームは装備がムービーに反映されます。
プリレンダムービーではなくリアルレンダムービーなので、
今装備しているものでイベントシーンが展開されます。
これは回想シーンにまで反映されるのです。(そのイベント当時着ていたものが反映される)
装備も武器や防具だけでなく、頭、服、手、足もあるので、組み合わせはとても多いです。
逆に装備をすべてひっぺ返すことも出来ます。
ですので下着(水着?)のままでイベントシーンに突入するという奇行に走ることも出来ます。
これも近年のRPGでは実装されていないものが多かったと思います。
こういうタイプは作る側も大変なのでしょうね。
そして上にも書いたように、常に時間が流れており天候も変化します。
その時なにを着せるか、何時にイベントを起こすかで、
プレイヤーによって違う見た目で遊ぶことになります。


他にも色々と書き連ねたいことはあるんですが、長くなってしまいそうなのでこの辺でまとめ。
近年のRPGはグラフィックに手間がかかるばかりに、ワールドマップがなかったり一本道だったり、何かの要素が優れていると、他の要素が欠けていたゲームが多かった印象でした。
しかしゼノブレイドはそういう欠けている部分をあまり感じません。
あれもこれも出来るのにバランスがとれているゲームでした。
子どもの頃FCやSFCでRPGを遊んでいた人達なら誰もが、
将来のゲームはこんな風になるといいなって妄想したと思います。
そういう要素がやっと上手くまとまってきたような、そんなゲームでした。
まだ脱出艇キャンプの辺りなので先は長そうですね。

音楽も素晴らしいです。
早期購入特典のサントラばっかり聴いています。
特にACE+作曲の曲が気に入っていますね。
店頭販売のサントラも買おうかな。

Xenoblade OST 再生リスト


 
スポンサーサイト
CATEGORY : ゲーム | THEME : ゲーム | GENRE : ゲーム

ゲームメーターはじめました

2010.02.21 *Sun
どんな感じにリンクが出るのかテストもかねて
しかし積みゲーが104本もあったんだけど、どうしよう・・・
一応積みゲーの定義としては、満足いくまでやれてない、かつ数ヶ月放置してるってことで
そして満足いくまでやれば崩したってことで
ほとんどのゲームは手はつけているから、ちょっとでもやれば積みゲーじゃないなら20本ぐらいに減るんだけどね
それでも多いなぁ

オレたちの多々買いはつづく・・・


1月のゲームメーター
やったゲームの数:1本

▼やったゲーム
マクロス アルティメット フロンティア 超時空娘々パックマクロス アルティメット フロンティア 超時空娘々パック
クリア日:01月17日

ゲームメーター

CATEGORY : ゲーム | THEME : ゲーム | GENRE : ゲーム

罪と罰 宇宙の後継者 発売日決定

2009.09.07 *Mon
何気にAmazon見てたら、予約始まってるじゃないですか!
罪と罰 宇宙の後継者(Wii)(Amazon)

前作、罪と罰 地球の継承者(N64)から続編を待ち続けてもう9年ですか
罪と罰はアクション要素のある独特なシューティングゲームです
開発は任天堂トレジャーでしたっけ
トレジャーといえば変わったアイデアで、斑鳩など歯ごたえのあるゲームを作ることで有名ですね
罪と罰は開発中に難しいと判断されて、当初のイージーを今のハードにしたとか
それでも十分難しいですが^ ^:
当時はハマりまくって猿のように何週もプレイしていました
小説も買ったりしましたよ
未来(当時)の日本を舞台に食料危機を背景にしたストーリーに魅力的なキャラクター
なによりゲーム自体が面白い
あと主人公の無駄に野太い声w

気になるのが劇中で2017年に出てきたサキとアイランの息子のイサ
この子と罪と罰 宇宙の後継者(Wii)の主人公がどこか似ているような?
楽しみが止まらなくなってきたのでN64引っ張り出して遊ぼっと

↓今のところ出ている罪と罰 宇宙の後継者(Wii)のトレイラー↓

SIN & PUNISHMENT 2 - Debut Trailer - Nintendo Wii


Sin and Punishment 2 - Trailer E3 2009 - Wii



↓前作、罪と罰 地球の継承者(N64)の動画↓

Sin and Punishment - Japanese TV commercial

懐かしのCM、見た記憶がありません^ ^;

SIN AND PUNISHMENT stage1-1(hard) 2



CATEGORY : ゲーム | THEME : ゲーム | GENRE : ゲーム

プロフィール

足の裏の◯◯

Author:足の裏の◯◯
積みゲー消化の日々
Wii、DS、XBOX360、PSP、PS2たまにDCと64


Twitter
http://twitter.com/oASHIURAo
ゲームメーター
http://gamemeter.net/u/11250



XBOX Live ゲーマーカード



実績が解除されました



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Google AdSense



きまぐれスペース



Copyright © 足の裏のblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。